top of page

「心を高くあげよう」佐々木 良子 牧師(2024年4月、月報230号)

「知れ、主こそ神であると。」 この言葉が中心となっている短い詩篇100篇が私たちに伝えていることは非常に深いのです。人生の歩みの中で何度も神に背いてしまう私たちを、時には懲らしめながらそれでも愛し、憐み、引き寄せてくださる神様。その主に私たちが顔を向けて礼拝するには、どのようにすべきなのでしょうか。この詩篇は私たちに、今私たちがどこにいてどちらを向いているのかという問いを投げかけています。知ること、こころを高くあげること、神の前に立つこと。これらを体験し続けることができますように。




閲覧数:167回0件のコメント

Comments


bottom of page