top of page

「クリスマスに考える~神の視点と、私の視点」尼川 匡志 伝道師(2023年12月、月報226号)

マリアへの受胎告知はマリアにとって恐怖の幕開けだった。人間にはありがちな大問題の発生は神の視点からすると、人と神の出会いの時を意味するのです。社会の端で打ち沈むような人にも神の方から近づいてくださる主。その神様の視点をご一緒に考えてみませんか。尼川先生のわかりやすいメッセージをどうぞお聴きください。






閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page